アンチエイジング 城本クリニック

アンチエイジング
美容外科/美容整形

アンチエイジング>皮膚科>トレチノイン
トレチノイン
トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。
このレチノイン酸は、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。

トレチノインは米国ではしわ、ニキビの治療医薬品として、FDAに認可されており、非常に多くの患者さんに皮膚の若返り薬として使用されています。
日本では認可されておりませんが、当院では米国の製品にさらに改良を加えたものを処方しております。
トレチノインの主な効果
表皮の細胞は表皮の一番深い層(基底層といいます)で生まれてから、徐々に表面に押し上げられてきて、やがて角質となり、最後は垢となって皮膚から剥がれていきます。
この表皮の細胞の一生のサイクルを皮膚のターンオーバーと呼び、約4週間かかることが知られています。
大多数のしみは、表皮の一番深い層(基底層)周辺にメラニン色素が沈着しています。
この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。
通常市販されている美白剤(医薬部外品)は、メラノサイトがメラニン色素を新しく作る量を減らすような働きをする有効成分が微量含まれてはいますが、非常にその作用が弱いうえに、現在沈着しているメラニン色素を外に出してしまうような作用は全くないため、すでに存在しているしみは良くなりません。

トレチノインは、表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。トレチノインは表皮の細胞を活発に増殖させるために、表皮の細胞はどんどん押し上げられていき、そのときにメラニン色素を一緒に持って上がっていき、2週間から4週間でメラニン色素を外に出してしまいます。
これがトレチノインの特長です。
日常生活の制限
個人差もございますが、最初の2週間くらいは赤みが出る場合があります。
ダウンタイムがありませんので、治療後いつもどおりのお化粧が可能です。
洗顔・入浴・洗髪も当日から可能となります。
治療の流れ
ホームケア用の塗り薬で、ご自宅で気になる部分に塗布して頂く事で高い効果を実感できます。
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診
お気軽にご相談下さい
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

アンチエイジング トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|